Skip to content

Posts from the ‘イベントのお知らせ’ Category

9
11月

後援イベント『アースナイトデー2018』

日本初の星空保護区認定を記念して石垣島で開催されるイベント「アースナイトデー2018」を、IDA東京として後援いたします。
また、IDA東京代表の越智が、記念講演を行います。

アースナイトデー2018ウェブサイト
https://earthnightday.amebaownd.com/

7
11月

IDA東京 2018年度研究会を、美星町にて開催します

国際ダークスカイ協会東京支部(IDA東京)では、光害に関する調査・研究成果や、星空環境・暗い自然環境の保護・活用に関する取組みについて、発表および議論を行う研究会を開催いたします。

研究会テーマ:「いかにして星空環境を守るか」
日時:2018年12月16日(日) 14時(予定)~
場所:美星公民館(岡山県井原市美星町三山1043-1)

参加申込方法など、詳細は下記の案内ページをご覧ください。
http://www.darksky.jp/ida2018/

プログラム等の詳細は、確定次第、随時更新いたします。
みなさまの参加をお待ちしております。

24
9月

後援イベント『デジカメ星空診断ワークショップ』

下記イベントに後援しています。福井県の皆様、ぜひご参加ください。

『デジカメ星空診断ワークショップ』
日程: 第1回:2018年9月29日(土)15:00~18:00(講座)
    第2回:2018年10月20日(土)13:00~18:00(実習)
    ※2日間のワークショップとなります.
会場: 福井県自然保護センター・レクチャーホール(第1回、第2回とも)
主催: 福井工業大学
共催: 星空公団
後援: 国際ダークスカイ協会東京支部
募集人数: 20名程度(要参加申込・先着順)
対象: どなたでも
持ち物: デジタル一眼レフカメラ・三脚(講座)
     Windows/Mac OS Xが使用できるノートパソコン
参加費: 無料

案内ページ https://www.kodan.jp/?p=news&id=757

17
4月

光害関連の国際会議、シンポジウム情報 2018年

Symposium on Promotion and Protection of the Night Sky

Sep. 13-14, 2018, Capraia Island, Italy

https://capraianightsky2018.com/

イタリアの非常に小さな島、カプライア島で開催されるシンポジウムです。The World Atlas of Light Pollutionで知られるFabio Falchi氏の招待講演もあるようです。

 

International Interdisciplinary Workshop on Light Pollution

Oct. 22-26, 2018, Marrakech, Morocco

http://atlasdarksky.com/the-first-workshop-2018/

「アフリカ北部初のダークスカイ・リザーブを目指して」との副題が付いたワークショップです。

 

IDA 2018 Annual General Meeting

Nov. 9-11, 2018, Salt Lake City(Snowbird), Utah

http://www.darksky.org/international-dark-sky-association-2018-annual-general-meeting/

今年で創設30周年を迎えた、国際ダークスカイ協会の年会です。

 

ALAN 2018

(5th International Conference on Artificial Light At Night)
Nov. 12-14, 2018, Salt Lake City(Snowbird), Utah

http://www.artificiallightatnight.org/

光害に関する最大規模の国際会議として定着した、ALAN会議の5回目です。様々な分野の研究者が集まり、2年に一度開催されています。上記IDA年会に続いて開催されます。

22
8月

プレスリリース: 人工照明による環境問題「光害」を考える研究会を開催

9月9日(土) 東洋大学(文京区)にて

プレスリリース2017.8.22 (PDF)

研究会のサイト

  • 日本人の約7割が、天の川を見ることができない-明るすぎる照明環境による弊害「光害」に注目が集まっています。昨年6月に発表された研究論文によれば、日本人の約7割が、普段住む町から天の川を見ることができません(参照)。一方で、都市部から離れた地域では、その暗い自然環境を活かし、美しい星空を観光資源としてアピールする動きも広がっています。
    この度IDA東京は、光害に関する研究成果や、星空環境・暗い自然環境を活用する取組みなどについて、発表および議論を行う研究会を開催いたします。光害対策の新たな取組みを始めた環境省水・大気環境局の動き、日本初の星空保護区認定を目指す八重山諸島の取組み、照明分野での最新動向など、多様な講演となっています。
  • 講演題目・講演者(発表順、変更の可能性あり)
    「IDA東京の活動報告」「星空保護区認定制度について」越智信彰(東洋大学経営学部准教授)
    「デジカメ星空診断の展開について」小野間史樹(星空公団)
    「屋外照明設備における光害対策について」山田哲司(日本照明委員会第5部会国内委員会幹事、岩崎電気(株))
    「あなたも照明探偵団」面出薫(照明デザイナー、(株)ライティングプランナーズアソシエーツ代表、照明探偵団団長)
    「八重山諸島での星空保護区に向けた取組み」宮沢みゆき(ツアーガイド、Coral-foundation 西表島inc.)
    「環境省水・大気環境局における光害対策関連活動について」吉川圭子(環境省 水・大気環境局大気生活環境室室長)
    「The Zoological Lighting Institute の活動について」一色桂(The Zoological Lighting Institute)
  • 参加無料、要事前登録。詳細は研究会サイト参照 http://www.darksky.jp/ida2017/
14
7月

IDA東京 2017年度研究会を開催します

国際ダークスカイ協会東京支部(IDA東京)では、光害に関する調査・研究成果や、星空環境・暗い自然環境の保護・活用に関する取組みについて、発表および議論を行う研究会を開催いたします。

日時:2017年9月9日(土) 13時~17時
場所:東洋大学白山キャンパス3502教室(東京都文京区白山5-28-20)

参加申込方法など、詳細は下記の案内ページをご覧ください。
http://www.darksky.jp/ida2017/

プログラムの詳細等は、確定次第、随時更新いたします。
みなさまの参加をお待ちしております。