Skip to content

Posts by IDA東京事務局

24
9月

後援イベント『デジカメ星空診断ワークショップ』

下記イベントに後援しています。福井県の皆様、ぜひご参加ください。

『デジカメ星空診断ワークショップ』
日程: 第1回:2018年9月29日(土)15:00~18:00(講座)
    第2回:2018年10月20日(土)13:00~18:00(実習)
    ※2日間のワークショップとなります.
会場: 福井県自然保護センター・レクチャーホール(第1回、第2回とも)
主催: 福井工業大学
共催: 星空公団
後援: 国際ダークスカイ協会東京支部
募集人数: 20名程度(要参加申込・先着順)
対象: どなたでも
持ち物: デジタル一眼レフカメラ・三脚(講座)
     Windows/Mac OS Xが使用できるノートパソコン
参加費: 無料

案内ページ https://www.kodan.jp/?p=news&id=757

23
8月

プレスリリース: フランスのセヴェンヌ国立公園、欧州最大のダークスカイ・リザーブに認定

国際ダークスカイ協会は、フランス南東部のセヴェンヌ国立公園(Cévennes National Park) をダークスカイ・リザーブに暫定認定しました。
ダークスカイ・リザーブはコア領域と周辺領域から成りますが、周辺領域の面積は3,600km2で、これまで認定された欧州のリザーブで最大です。申請準備段階では、公園内の約2万灯の屋外照明が調査・リスト化され、その大部分がIDAの基準に適合していないため、3年以内の改修が予定されています。このため、現段階では暫定認定となっています。

詳細は、IDAによるリリース(2018.8.13) をご覧ください。
World’s Newest International Dark Sky Reserve Is Largest In Europe

紹介ページ: Cévennes National Park (France)

 

【星空保護区認定制度について】
国際ダークスカイ協会が2001年に始めた「ダークスカイプレイス・プログラム」(和名:星空保護区認定制度)は、光害の影響のない、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度です。認定には、屋外照明に関する厳格な基準や、地域における光害に関する教育啓発活動などが求められます。「ダークスカイ・パーク」「ダークスカイ・コミュニティ」など6つのカテゴリーがあり、全てのカテゴリーの認定地を総称して、国内では「星空保護区」と表記しています。
星空保護区認定制度ウェブサイト http://idatokyo.org/hogoku

9
8月

フジテレビ「林修のニッポンドリル」で西表石垣国立公園・星空保護区が紹介されました

フジテレビ「林修のニッポンドリル」2018年8月8日放送「人生で一度は行きたい楽園、星のや竹富島で過ごす極上の1日」の中で、竹富島全域を含む西表石垣国立公園が星空保護区に認定されたことが紹介されました。満天の星空のほか、『星のや竹富島』が夜空に光を漏らさないために客室・敷地内の照明を最小限に抑えていることなどが紹介されました。

番組サイト
林修のニッポンドリル

6
8月

TBS「世界ふしぎ発見!」で西表石垣国立公園・星空保護区が紹介されました

TBS「世界ふしぎ発見!」2018年8月4日放送「同時に旅して新発見!ノスタルジック台湾&沖縄 八重山諸島」の中で、『日本初の星空保護区 世界が認めた星空』として西表石垣国立公園の星空が紹介されました。満天の星空のほか、照明の光を夜空に漏らさない工夫をしているホテル、星空ツアーの様子などが紹介されました。

番組サイト
世界ふしぎ発見!第1483回 同時に旅して新発見!ノスタルジック台湾&沖縄 八重山諸島

9
7月

JALカード会員誌で、星空保護区が紹介されました

JALカード会員誌『アゴラ』2018年7月号にて、特集「夜空を見上げよう」として西表石垣国立公園、星空保護区認定制度、国際ダークスカイ協会などについて掲載されました。

アゴラのサイト
https://www.jal.co.jp/jalcard/service/agora.html

27
6月

沖縄県内のニュース番組で、星空保護区の取組が特集されました

RBC琉球放送の番組「ザ・ニュース」2018年6月26日放送分にて、『特集・八重山星空保護区への道のり』とのタイトルで、八重山諸島での星空保護区にまつわる取り組みが放送されました。

番組サイト
特集・八重山星空保護区への道のり