Skip to content

Recent Articles

7
12月

黒島研究所とパートナーシップを締結

この度IDA東京は、沖縄県八重山諸島の黒島にある「黒島研究所」(NPO法人日本ウミガメ協議会付属)とパートナーシップを締結しました。
黒島研究所は、日本初の星空保護区である西表石垣国立公園内に位置しています。今後、光害啓発活動や生態系(特にウミガメ)への光害の調査研究において、連携して活動を進める予定です。

パートナーシップのページ

黒島研究所ウェブサイト

【黒島研究所の紹介】
沖縄県八重山諸島の黒島にある小さな研究所です。1975年に設立された日本で最も歴史のある海洋生物の研究所の一つです。主としてウミガメの調査研究を行っています。さらに、常設展示室を設け、水族館・博物館的な役割も担っています。人工光はウミガメ保護に関して深刻な問題です。砂浜に街灯があると、その光を避けてウミガメが上陸します。母ガメは産卵場所を選べなくなり、卵のふ化に適さない場所で産卵しなければいけません。最も影響を受けるのは、砂から出てきた子ガメです。子ガメは正の走行性があるため、街灯があると光に誘引されて陸に向かい海へいけません。最悪の場合は道路に出てしまい車に潰されるケースもあります。星空が綺麗な砂浜はウミガメにとっても好ましい環境です。私たちが残したいものは、国際ダークスカイ協会が目指すものと共通すると考えています。

7
12月

環境年表2019-2020に光害記事掲載

『環境年表2019-2020』(国立天文台編、丸善出版)に新設された節「光害と自然環境への影響」を執筆しました。2015-2018版ではTopicとして光害が掲載されていましたが、今回より節に格上げとなりました。夜空の明るさに関する図表は、星空公団の方に取り纏めいただきました。
ご覧いただけると幸いです。

環境年表ウェブサイト https://www.rikanenpyo.jp/top/lineup/kankyo_nenpyo/2019-2020/index.html

光害.net

光害.net

光害を題材とした児童生徒への環境教育、一般市民への啓発活動を行っています。越智信彰(東洋大学准教授)

More Posts - Website - Twitter - Pinterest - YouTube

9
11月

後援イベント『アースナイトデー2018』

日本初の星空保護区認定を記念して石垣島で開催されるイベント「アースナイトデー2018」を、IDA東京として後援いたします。
また、IDA東京代表の越智が、記念講演を行います。

アースナイトデー2018ウェブサイト
https://earthnightday.amebaownd.com/

7
11月

IDA東京 2018年度研究会を、美星町にて開催します

国際ダークスカイ協会東京支部(IDA東京)では、光害に関する調査・研究成果や、星空環境・暗い自然環境の保護・活用に関する取組みについて、発表および議論を行う研究会を開催いたします。

研究会テーマ:「いかにして星空環境を守るか」
日時:2018年12月16日(日) 14時(予定)~
場所:美星公民館(岡山県井原市美星町三山1043-1)

参加申込方法など、詳細は下記の案内ページをご覧ください。
http://www.darksky.jp/ida2018/

プログラム等の詳細は、確定次第、随時更新いたします。
みなさまの参加をお待ちしております。

24
9月

後援イベント『デジカメ星空診断ワークショップ』

下記イベントに後援しています。福井県の皆様、ぜひご参加ください。

『デジカメ星空診断ワークショップ』
日程: 第1回:2018年9月29日(土)15:00~18:00(講座)
    第2回:2018年10月20日(土)13:00~18:00(実習)
    ※2日間のワークショップとなります.
会場: 福井県自然保護センター・レクチャーホール(第1回、第2回とも)
主催: 福井工業大学
共催: 星空公団
後援: 国際ダークスカイ協会東京支部
募集人数: 20名程度(要参加申込・先着順)
対象: どなたでも
持ち物: デジタル一眼レフカメラ・三脚(講座)
     Windows/Mac OS Xが使用できるノートパソコン
参加費: 無料

案内ページ https://www.kodan.jp/?p=news&id=757

23
8月

プレスリリース: フランスのセヴェンヌ国立公園、欧州最大のダークスカイ・リザーブに認定

国際ダークスカイ協会は、フランス南東部のセヴェンヌ国立公園(Cévennes National Park) をダークスカイ・リザーブに暫定認定しました。
ダークスカイ・リザーブはコア領域と周辺領域から成りますが、周辺領域の面積は3,600km2で、これまで認定された欧州のリザーブで最大です。申請準備段階では、公園内の約2万灯の屋外照明が調査・リスト化され、その大部分がIDAの基準に適合していないため、3年以内の改修が予定されています。このため、現段階では暫定認定となっています。

詳細は、IDAによるリリース(2018.8.13) をご覧ください。
World’s Newest International Dark Sky Reserve Is Largest In Europe

紹介ページ: Cévennes National Park (France)

 

【星空保護区認定制度について】
国際ダークスカイ協会が2001年に始めた「ダークスカイプレイス・プログラム」(和名:星空保護区認定制度)は、光害の影響のない、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度です。認定には、屋外照明に関する厳格な基準や、地域における光害に関する教育啓発活動などが求められます。「ダークスカイ・パーク」「ダークスカイ・コミュニティ」など6つのカテゴリーがあり、全てのカテゴリーの認定地を総称して、国内では「星空保護区」と表記しています。
星空保護区認定制度ウェブサイト http://idatokyo.org/hogoku