Skip to content

Posts from the ‘お知らせ’ Category

18
11月

NHK「ニュースザウルスふくい」にて、大野市の取り組みが特集されました

NHK福井のローカルニュース番組「ニュースザウルスふくい」の11月17日放送分にて、コーナー「奥越嶺南つるつるいっぱい」の中で「星空保護区を目指して」が放送されました。(約8分間)
福井工業大学の中城智之教授(IDA東京メンバー)、IDA東京支部代表の越智信彰氏のインタビュー、11月9日の防犯灯試験設置の様子などが放送されました。

ニュースザウルスふくい (残念ながら動画は見られません)

18
11月

大野市での星空保護区を目指す取り組みについてのメディア報道

10月29日、福井県大野市、福井工業大学、パナソニック社が産学官協働により光害対策型防犯灯を試験設置し、星空保護区を目指すことを報道発表しました。さらに11月9日には、大野市南六呂師にて、実際に試験設置が行われました。これらの様子が、多くのメディアに報道されました。

大野市ニュースリリース (2020.10.29)
福井県大野市は、福井工業大学、パナソニックと共同で「星空に優しい照明」を試験設置、「星空保護区認定」を目指します

パナソニック社プレスリリース (2020.10.29)
福井県大野市は、福井工業大学、パナソニックと共同で「星空に優しい照明」を試験設置、「星空保護区認定」を目指します

福井工業大学 (2020.10.30)
大野市、パナソニック(株)、本学による共同記者会見を行いました。

NHK福井 (2020.10.30)
大野「星空に優しい街灯」設置へ

中日新聞 (2020.10.30)
大野を「星空世界遺産」に 産官学連携で光害対策

福井新聞 (2020.10.31)
星空の世界遺産へ「光害」減らす照明 福井県大野市の六呂師高原

福井テレビ (2020.11.10)
大野市に「優しい照明」試験設置~産官学で「美しい星空」守る

中日新聞 (2020.11.12)
光害対策型防犯灯の試験設置スタート 大野、星空保護区認定に向け

福井新聞 (2020.11.14)
星空守る防犯灯設置 大野市 保護区認定向け 南六呂師

日刊工業新聞 (2020.11.16)
星空保護の街路灯 福井・大野市が試験設置

18
11月

広報いばらにて、美星町の取り組みについての記事が掲載

井原市の広報誌「広報いばら」2020年11月号に、記事『美しい星空を次世代に~星空保護区・コミュニティ部門認定に向けた取り組み~』が掲載されました。IDA東京支部代表のインタビューも含まれています。

こちらから閲覧可能です。→ 広報いばら

17
11月

未来コトハジメにて、美星町の取り組みとパナソニック光害対策型防犯灯についての記事が掲載されました

日経BP社が運営するWebメディア「未来コトハジメ」にて、美星町の星空保護区を目指す取り組みと、IDA認証を取得したパナソニック製光害対策型防犯灯についての記事が掲載されました。

記事はこちら→ 「星空に優しい照明」とは?星空保護区認定をめざす“星の町”の取り組み

8
11月

岡山県知事より井原市長に「星空保護区」賛同書

2020年11月6日、岡山県庁にて伊原木知事から井原市の大舌市長に、星空保護区申請書に掲載する「賛同書」が手渡されました。
以下、関連報道です。

NHK岡山 (2020.11.6)
星空保護区認定へ知事が賛同書

TSCテレビせとうち (2020.11.6)
井原市美星町の「星空保護区」認定に向け、岡山県が賛同

山陽新聞 (2020.11.6)
井原市の星空保護区認定 県が応援 知事が賛同書を交付

RSK山陽放送 (2020.11.6)
井原市美星町 「星空保護区」認定目指す

1
11月

ダークスカイツーリズム・シンポジウムを開催しました

2020年10月30日(金) 10:00~12:00、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催された「ツーリズムEXPOジャパン2020 旅の祭典 in 沖縄」内の公式行事として、『ダークスカイツーリズム(星空観光)シンポジウム』を開催しました。
石垣市長による開会の挨拶に続き、まずIDA東京支部代表・越智信彰氏が国際ダークスカイ協会と星空保護区認定制度について説明。続いて基調講演2つ、IDAのダークスカイプレイスプログラム・マネージャーのAdam Dalton氏による「IDSP Program and Astrotourism」、ダークスカイプロジェクト社(テカポ)Directorの小澤英之氏による「Window to the Universe(星空は宇宙への窓)」がありました。
その後、越智氏、小澤氏、環境省那覇自然環境事務所の竹中康進氏、星空H2O八重山地域振興会代表理事の友利恵子氏らにより、パネルディスカッションが行われました。
シンポジウムの主催は石垣市・竹富町・八重山ビジターズビューロー・国際ダークスカイ協会東京支部・星空H2O八重山地域振興会。一般参加者は満席の110名でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

琉球新報の記事: 星空観光の可能性、海外事例交えシンポ 西表石垣国立公園でのあり方討議
旬刊旅行新聞の記事: 経済効果は1億円超も 星空保護区認定「地域の誇りに」ダークスカイツーリズムシンポジウム

関連記事: 主催イベント『ダークスカイツーリズム(星空観光)シンポジウム』