Skip to content

Posts tagged ‘天文’

9
5月

プレスリリース: アリゾナ州、ネバダ州、アイルランドに新たなダークスカイ・パークを認定

【1】
国際ダークスカイ協会は、アリゾナ州のフラッグスタッフエリア国定公園(Flagstaff Area National Monuments)(サンセットクレーター国定公園、ウォルナットキャニオン国定公園、ウパトキ国定公園(Sunset Crater Volcano, Walnut Canyon and Wupatki))を、ダークスカイ・パークに認定しました。

同エリアは2001年に世界初のダークスカイ・コミュニティに認定された町フラッグスタッフ(人口6.9万人)に程近く、その照明規制条例に守られた周辺地域は、光害が最小限に抑えられています。

詳細は、IDAのサイト(2016.5.4) をご覧ください。
Flagstaff Area National Monuments Named International Dark Sky Park

紹介ページ: Flagstaff Area National Monuments (U.S.)

位置: Google Map

ウェブサイト: The Flagstaff Area National Monuments

 

【2】
国際ダークスカイ協会は、バリークロイ国立公園(Ballycroy National Park) とワイルドネフィン自然保護区域(Wild Nephin Wilderness) を、アイルランド初のダークスカイ・パークに認定しました。2つ合わせて、メイヨー・ダークスカイ・パーク(Mayo International Dark Sky Park) と呼ばれます。ランクはGold Tierです。

アイルランド西部に位置するメイヨー州は、自然のままの美しい海岸線で知られており、360度の素晴らしい夜空が広がっています。その夜空の暗さは、工科大学の学生が長年にわたりモニタリングしてきました。その活動は、地域のコミュニティ・天文クラブ・地元企業・国立公園・州議会をも巻き込み、「Friends of Mayo Dark-Skies」を結成するに至り、今回の認定に繋がりました。代表者は「この認定は、星空観光業への効果だけでなく、環境と生態系への光害の認識を高める効果があるだろう」と述べています。

アイルランド国内では、ケリー・ダークスカイ・リザーブに続き、2ヶ所目のダークスカイ・プレイスとなります。

詳細は、IDAのサイト(2016.5.5) をご覧ください。
First International Dark Sky Park In Ireland Receives Accreditation

紹介ページ: Ballycroy National Park and Wild Nephin Wilderness (Ireland)

位置: Google Map

ウェブサイト: Ballycroy National Park

 

【3】
国際ダークスカイ協会は、ネバダ州のグレートベースン国立公園(Great Basin National Park) をダークスカイ・パークに認定しました。同州初のダークスカイ・プレイスとなります。

100マイル以内にある最大の町の人口は4100人、200マイル以上離れた大都市(ソルトレイクシティ・ラスベガス)の光は山々に遮断され、同公園はほとんど光害のない環境が保たれています。今後さらに2年をかけて、公園内の照明を光害対策型に置き換えていく計画です。

紹介ページ: Great Basin National Park (U.S.)

位置: Google Map

ウェブサイト: Great Basin National Park

LAS VEGAS REVIEW-JOURNALの記事(2016.5.5): Skies above Great Basin National Park aren’t just dark — they’re certifiable

 

【ダークスカイプレイス・プログラムについて】
国際ダークスカイ協会は、夜空を保護する優れた取り組みを称えるために、ダークスカイプレイス・プログラム(International Dark Sky Places: IDSPlaces) を2001年から開始しました。認定には、屋外照明についての厳格な基準と革新的なアウトリーチ活動が求められます。これまでに認定されたIDSPlacesは、ダークスカイ・コミュニティが14ヶ所、ダークスカイ・リザーブが10ヶ所、ダークスカイ・パークが34ヶ所、ダークスカイ・サンクチュアリが2ヶ所です。

ダークスカイプレイス・プログラムの詳細はこちら
日本語 http://idatokyo.org/?page_id=414#IDSP
英語 http://darksky.org/idsp/

16
4月

光害がテーマの新刊

ポール・ボガード著、上原直子訳の『本当の夜をさがして ―都市の明かりは私たちから何を奪ったのか』(原題:The End of Night)が、白揚社より出版されます。
白揚社のサイト http://www.hakuyo-sha.co.jp/cgi-bin/search.cgi?mode=detail&id=440

この日本語版には巻末に「付録:日本の光害」(pp.408-413) が収録されており、当方が執筆を担当しました。

光害.net

光害.net

光害を題材とした児童生徒への環境教育、一般市民への啓発活動を行っています。越智信彰(東洋大学准教授)

More Posts - Website - Twitter - Pinterest - YouTube

9
3月

プレスリリース: スコットランドとアリゾナにダークスカイ・コミュニティを認定

【1】
国際ダークスカイ協会は、スコットランド南部のダンフリーズ・アンド・ガロウェイ州(Dumfries and Galloway) にある町モファット(Moffat) を、世界で13番目のダークスカイ・コミュニティに認定しました。
アナン川沿いで人口2500人のこの町は、かつては温泉地として知られ、現在も地域の観光拠点となっています。今回の認定に向け、スコットランド政府から24万ポンドの援助を受けて屋外照明を改修しました。
2009年にダークスカイ・パークに認定されたギャロウェイ森林公園(Galloway Forest Park) とは、車で約1時間の距離にあります。

紹介ページ: Moffat (Scotland)

位置: Google Map

ウェブサイト: Visit Moffat

BBCの記事(2016.2.17): Moffat celebrates Dark Sky status

 

【2】
国際ダークスカイ協会は、アリゾナ州の町ビッグパーク(Big Park)(別名:ビレッジ・オブ・オーク・クリーク(Village of Oak Creek))を、世界で14番目のダークスカイ・コミュニティに認定しました。アリゾナ州では他にフラッグスタッフとセドナが認定されており、世界で最もダークスカイ・コミュニティが集積した地域となります。

人口6000人ほどのこの町には退職者や別荘が多く、人々は田舎暮らしを楽しんでいます。2014年に近隣のセドナが認定されたことでダークスカイへの関心が高まり、条例の整備や住民への啓発活動などを行いました。

詳細は、IDAのサイト(2016.2.22) をご覧ください。
Big Park, Arizona, Named International Dark Sky Community

紹介ページ: Big Park / Village of Oak Creek, Arizona (U.S.)

位置: Google Map

ウェブサイト: VocaOnline

 

【ダークスカイプレイス・プログラムについて】
国際ダークスカイ協会は、夜空を保護する優れた取り組みを称えるために、ダークスカイプレイス・プログラム(International Dark Sky Places: IDSPlaces) を2001年から開始しました。認定には、屋外照明についての厳格な基準と革新的なアウトリーチ活動が求められます。これまでに認定されたIDSPlacesは、ダークスカイ・コミュニティが14ヶ所、ダークスカイ・リザーブが10ヶ所、ダークスカイ・パークが31ヶ所、ダークスカイ・サンクチュアリが2ヶ所です。

ダークスカイプレイス・プログラムの詳細はこちら
日本語 http://idatokyo.org/?page_id=414#IDSP
英語 http://darksky.org/idsp/

24
1月

プレスリリース: 米国初のダークスカイ・サンクチュアリを認定

国際ダークスカイ協会は、ニューメキシコ州南西部、ヒラ国立森林公園(Gila National Forest) 内にあるコズミック・キャンプグラウンド(Cosmic Campground) を、米国初、世界で2番目のダークスカイ・サンクチュアリに認定しました。

2015年に新たに設けられた「ダークスカイ・サンクチュアリ」は、非常に遠隔地にあり、天体観測所の存在など、その最高レベルの暗さが長期的に保護されることが重要な地域です。

コズミック・キャンプグラウンドは面積1.42ha、基本的なキャンプ設備と360度広がる素晴らしい夜空を有しています。敷地内に人工照明は一つもなく、将来も設置される予定はありません。主要な街明かりは、65km先まで存在しません。一方で、Wifiなどの現代的な設備は備わっています。この認定は、ニューメキシコ州西部の観光業へのインパクトが期待されています。

詳細は、IDAによるプレスリリース(2016.1.14) をご覧ください。
IDA Designates First U.S. International Dark Sky Sanctuary In New Mexico

紹介ページ: Cosmic Campground (U.S.)

位置: Google Map

ウェブサイト: The Cosmic Campground

 

【ダークスカイプレイス・プログラムについて】
国際ダークスカイ協会は、夜空を保護する優れた取り組みを称えるために、ダークスカイプレイス・プログラム(International Dark Sky Places: IDSPlaces) を2001年から開始しました。認定には、屋外照明についての厳格な基準と革新的なアウトリーチ活動が求められます。これまでに認定されたIDSPlacesは、ダークスカイ・コミュニティが12ヶ所、ダークスカイ・リザーブが10ヶ所、ダークスカイ・パークが31ヶ所、ダークスカイ・サンクチュアリが2ヶ所です。

ダークスカイプレイス・プログラムの詳細はこちら
日本語 http://idatokyo.org/?page_id=414#IDSP
英語 http://darksky.org/idsp/

10
1月

プレスリリース: フロリダ州初のダークスカイ・パークを認定

国際ダークスカイ協会は、フロリダ州のキシミー・プレイリー州立公園(Kissimmee Prairie Preserve State Park) をダークスカイ・パークに認定しました。フロリダ州で初めてのダークスカイ・プレイスであり、世界で31番目のダークスカイ・パークです。

光害の深刻なアメリカ東部において、まだ暗い夜空が残された同公園は、州全体から天文愛好家が集まってきます。700万人以上の人々にとって、3時間以内のドライブでアクセス可能です。同公園を管理するFlorida Park Service は、将来世代のためにフロリダの自然のままの風景の保存に努めており、まさに星と繋がることのできる場所となっています。

詳細は、IDAのサイト(2016.1.6) をご覧ください。
Kissimmee Prairie Preserve State Park Named Florida’s First Dark Sky Place

紹介ページ: Kissimmee Prairie Preserve State Park (U.S.)

位置: Google Map

ウェブサイト: Welcome to Kissimmee Prairie Preserve State Park

 

【ダークスカイプレイス・プログラムについて】
国際ダークスカイ協会は、夜空を保護する優れた取り組みを称えるために、ダークスカイプレイス・プログラム(International Dark Sky Places: IDSPlaces) を2001年から開始しました。認定には、屋外照明についての厳格な基準と革新的なアウトリーチ活動が求められます。これまでに認定されたIDSPlacesは、ダークスカイ・コミュニティが12ヶ所、ダークスカイ・リザーブが10ヶ所、ダークスカイ・パークが31ヶ所、ダークスカイ・サンクチュアリが1ヶ所です。

ダークスカイプレイス・プログラムの詳細はこちら
日本語 http://idatokyo.org/?page_id=414#IDSP
英語 http://darksky.org/idsp/

20
12月

後援イベント: みんなで報告・国際光年2015「宇宙からの光」総括シンポジウム

IDA東京として、以下のイベントを後援いたします。また、招待講演にて「国際ダークスカイ協会東京支部の光害啓発活動について」との題目で発表予定です。

みんなで報告・国際光年2015「宇宙からの光」総括シンポジウム

http://prc.nao.ac.jp/fukyu/iyl2015/
日程: 2016年1月11日(月・祝)10:00~17:00 シンポジウム 17:30~19:30 情報交換会
会場: 東京理科大学 森戸記念館(東京都新宿区神楽坂4-2-2)
主催: 天文教育普及研究会 国際天文学連合国際普及室
共催: 日本天文学会 日本公開天文台協会
後援: 国際ダークスカイ協会東京支部 日本天文愛好者連絡会(JAAA) 日本プラネタリウム協議会(JPA)