Skip to content

Recent Articles

15
9月

プレスリリース: 一般講演会「秋の夜長にダークスカイ・トーク」を開催

過剰照明に溢れる大都市・東京で、星・闇・光の専門家6名が登壇

プレスリリース2015.09.15 (PDF)
案内ページ こちらをクリック
参加申込ページ こちらをクリック

  • 都会の夜は明るすぎる? 光と闇を考える講演会-2015年は国連の定めた「国際光(ひかり)年」。過剰照明に溢れる大都市・東京で、光と闇を考える講演会を実施します。3夜にわたり「星」「闇」「光」の3つのテーマで、それぞれの専門家による講演・対談が行われます。美しい星空を守る価値、自然界における夜の暗闇の大切さ、環境と調和した照明の使い方、などが語られる予定です。
  • 東洋大学白山キャンパス(文京区)にて。入場無料、ウェブサイトから事前申込が必要(各日先着500名)。

 

日時・講演者

〔各日17:30~19:30(17:00開場)、10/3のみ19:40~天体観望会〕

  • 10月3日(土) テーマ「星」
    講演1 「人と星空」 海部宣男氏(天文学者)
    講演2 「宇宙と地球の光の中で」 大西浩次氏(星景写真家・天文学者)
  • 10月18日(日) テーマ「闇」
    講演1 「蛍と日本の暗闇」 小原 玲氏(動物写真家)
    講演2 「闇遊びの国、日本」 中野 純氏(体験作家、闇歩きガイド)
  • 11月7日(土) テーマ「光」
    対談 「2050年の夜景を考える」 面出 薫氏(照明デザイナー)、中野恒明氏(芝浦工業大学システム理工学部教授)

 

イベント情報

  • 名称 一般講演会「秋の夜長にダークスカイ・トーク」
  • 会場 東洋大学白山キャンパス(東京都文京区白山5-28-20)
  • 主催 国際ダークスカイ協会東京支部(IDA東京)
  • 協賛 The Zoological Lighting Institute、(株)ビクセン、星空ツーリズム(株)
  • 協力 星空公団、東洋大学
  • 後援 環境省、自然科学研究機構 国立天文台、WWFジャパン、日本照明委員会
  • (2015/10/20、後援に環境省を追加しました)
  • 参加方法 ウェブサイトから参加申込(各日先着500名)、入場無料

案内ページ こちらをクリック

参加申込ページ こちらをクリック

 
合成写真

15
9月

プレスリリース: コロラド州に新たなダークスカイ・パークを認定

国際ダークスカイ協会は、コロラド州西部にあるブラックキャニオン国立公園(Black Canyon of the Gunnison National Park) を世界で28番目のダークスカイ・パークに認定しました。

同国立公園は大都市からのアクセスも良く、人々が暗い夜空を楽しむのに適しています。1998年から地元の天文クラブと共同で、天体観望会を始めさまざまな教育プログラムを実施してきました。ここ数年、駐車場照明の改善や夜空の暗さの測定、アウトリーチ活動などに積極的に取り組み、今回の認定に至りました。

詳細は、IDAによるプレスリリース(2015.9.8) をご覧ください。
Black Canyon of the Gunnison National Park Receives International Dark Sky Park Designation

紹介ページ: Black Canyon of the Gunnison (U.S.)

位置: Google Map

 

【ダークスカイプレイス・プログラムについて】
国際ダークスカイ協会は、夜空を保護する優れた取り組みを称えるために、ダークスカイプレイス・プログラム(International Dark Sky Places: IDSPlaces) を2001年から開始しました。認定には、屋外照明についての厳格な基準と革新的なアウトリーチ活動が求められます。これまでに認定されたIDSPlacesは、ダークスカイ・コミュニティが11ヶ所、ダークスカイ・リザーブが9ヶ所、ダークスカイ・パークが28ヶ所、ダークスカイ・サンクチュアリが1ヶ所です。

ダークスカイプレイス・プログラムの詳細はこちら
日本語 http://idatokyo.org/?page_id=414#IDSP
英語 http://darksky.org/idsp/

1
9月

プレスリリース: ユタ州にダークスカイ・パークを認定

国際ダークスカイ協会は、ユタ州のキャニオンランズ国立公園(Canyonlands National Park) を世界で27番目のダークスカイ・パークに認定しました。ランクは最高のGold tier となります。

1964年に設立され年間50万人以上が訪れるこの国立公園では、一生忘れることができない美しい天の川を見ることができます。この暗い夜空を守る取組みは、数年前に駐車場照明を光害対策型に交換したことに始まり、今では公園内のほぼ全ての照明が光害対策型です。

同国立公園は、近隣の2つのダークスカイ・パーク、すなわち2014年に認定されたホーヴェンウィープ国定公園(Hovenweep National Monument) と、2007年に世界初の認定であったナチュラル・ブリッジズ国定公園(Natural Bridges National Monument) と合わせて管理され、米国内でも最も暗いエリアの一つとなっています。コロラド平原には、他にもフラッグスタッフ(Flagstaff)、キャピトル・リーフ国立公園(Capitol Reef National Park)、グランド・キャニオン=パラシャント国定公園(Grand Canyon-Parashant National Monument)、チャコ文化国立歴史公園(Chaco Culture National Historical Park) がダークスカイプレイスに認定されています。

詳細は、IDAによるプレスリリース(2015.8.31) をご覧ください。
Canyonlands National Park Named International Dark Sky Park

紹介ページ: Canyonlands National Park (U.S.)

位置: Google Map

 

【ダークスカイプレイス・プログラムについて】
国際ダークスカイ協会は、夜空を保護する優れた取り組みを称えるために、ダークスカイプレイス・プログラム(International Dark Sky Places: IDSPlaces) を2001年から開始しました。認定には、屋外照明についての厳格な基準と革新的なアウトリーチ活動が求められます。これまでに認定されたIDSPlacesは、ダークスカイ・コミュニティが11ヶ所、ダークスカイ・リザーブが9ヶ所、ダークスカイ・パークが27ヶ所、ダークスカイ・サンクチュアリが1ヶ所です。

ダークスカイプレイス・プログラムの詳細はこちら
日本語 http://idatokyo.org/?page_id=414#IDSP
英語 http://darksky.org/idsp/

13
8月

プレスリリース: カナダ初のダークスカイ・コミュニティを認定

国際ダークスカイ協会は、カナダ・アルバータ州の人口1500人の町ボン・アコード(Bon Accord) を、カナダで初めて、世界で11番目のダークスカイ・コミュニティに認定しました。大都市エドモントンから40km しか離れていませんが、住民の努力により暗い夜空の環境が保たれています。

今回の認定に向け、町では先進的な屋外照明規制条例を設け、光源への覆いの使用、全光束の制限、周囲の環境に応じた町全体の照明環境のゾーン分けなどを規定しました。

詳細は、IDAによるプレスリリース(2015.8.12) をご覧ください。
Alberta Town Named First International Dark Sky Community In Canada

紹介ページ: Bon Accord (Canada)

位置: Google Map

 

【ダークスカイプレイス・プログラムについて】
国際ダークスカイ協会は、夜空を保護する優れた取り組みを称えるために、ダークスカイプレイス・プログラム(International Dark Sky Places: IDSPlaces) を2001年から開始しました。認定には、屋外照明についての厳格な基準と革新的なアウトリーチ活動が求められます。これまでに認定されたIDSPlacesは、ダークスカイ・コミュニティが11ヶ所、ダークスカイ・リザーブが9ヶ所、ダークスカイ・パークが26ヶ所、ダークスカイ・サンクチュアリが1ヶ所です。

ダークスカイプレイス・プログラムの詳細はこちら
日本語 http://idatokyo.org/?page_id=414#IDSP
英語 http://darksky.org/idsp/

12
8月

8月20日は伝統的七夕ライトダウン

「明かりをけして 星をみよう」
今年の伝統的七夕は、8月20日です。

http://7min.darksky.jp/

IDA東京も後援させていただいております。

11
8月

プレスリリース: 世界初のダークスカイ・サンクチュアリを認定

国際ダークスカイ協会は、チリ北部エルキヴァレー(Elqui Valley) にあるAURA観測所(AURA Observatory) を、世界初の「ダークスカイ・サンクチュアリ」(International Dark Sky Sanctuary) に認定しました。現在ホノルルで開催中の国際天文学連合総会にて発表されました。

専門的な観測所がIDAの認定を受けた最初の例であり、暗い夜空の長期的な保護が重要な同様の観測所のモデルケースとなるものです。AURA観測所はチリ政府と密に連携し、チリ北部では多くの屋外照明規制条例が制定されてきました。

詳細は、IDAによるプレスリリース(2015.8.9) をご覧ください。
Chilean Astronomical Site Becomes World’s First International Dark Sky Sanctuary

紹介ページ: AURA Observatory (Chile)

ウェブサイト: AURA Observatory in Chile

位置: Google Map

 

【ダークスカイプレイス・プログラムについて】
国際ダークスカイ協会は、夜空を保護する優れた取り組みを称えるために、ダークスカイプレイス・プログラム(International Dark Sky Places: IDSPlaces) を2001年から開始しました。認定には、屋外照明についての厳格な基準と革新的なアウトリーチ活動が求められます。これまでに認定されたIDSPlacesは、ダークスカイ・コミュニティが10ヶ所、ダークスカイ・リザーブが9ヶ所、ダークスカイ・パークが26ヶ所、ダークスカイ・サンクチュアリが1ヶ所です。

新たに設けられた「ダークスカイ・サンクチュアリ」は、非常に遠隔地にあり、天体観測所の存在など、その最高レベルの暗さが長期的に保護されることが重要な地域です。

ダークスカイプレイス・プログラムの詳細はこちら
日本語 http://idatokyo.org/?page_id=414#IDSP
英語 http://darksky.org/idsp/